免許合宿の選び方の成功例と失敗例

免許合宿は様々なところが主催しているため、それぞれに違った特徴を持っている状況です。基本的には通常よりも安い料金かつ短期間で卒業を目指すことが出来るというメリットがある免許合宿ですが、その他にも観光が出来る・美味しいものが食べられる・友達が出来るなどのメリットを特徴的に持っている免許合宿もあります。

自分がどの免許合宿を選べばいいのか、どういう結果になれば成功なのか失敗なのかと言うことを判断していくためには、最低でも比較検討できるだけの知識・情報を持っている必要があります。そこで、まずはそれぞれの例を参考に「自分にとってメリットがあるのかどうか」を判断していってみましょう。その後、最終的に自分の希望をまとめて利用先を決定すればリスクを最小限にできます。

成功と言える合宿免許選びの一例

例えば、合宿免許に「安さ」を求めて利用する場合、他には何のサービスも付帯していない最低限度の設備のみの合宿免許を利用すると成功しやすくなります。なぜかと言うと、余計なサービスが付いていない基本的なものだけの合宿免許は、基本サービス以外の部分が充実している合宿免許と比べて料金が安く設定されている可能性が高いからです。

ただし、必ずしも余計なサービスが付いていないものを選ばなければいけないと言う訳では無く、最終的に「満足出来る内容だった」と感じることが出来れば成功と言えます。

仮に料金は最低よりも数万円高かったとしても、その費用負担で温泉を満喫して美味しい料理も食べることが出来た、更にはしっかりと観光も出来てストレスを解消することが出来たということであれば、十分に成功していると言って良いでしょう。

失敗と言える合宿免許選びの一例

失敗の合宿免許選びだと判断できる状況は、実は意外と多くありません。しかし、安さだけを追求している状況で余計なサービスが強制的に付いてくる合宿免許に参加してしまえば失敗していると判断することが出来ますし、しっかりと観光を楽しみながら教習を進めていきたいと思っている人が観光プランの無いベーシックな合宿免許を利用しても失敗する可能性が高くなります。

また、女性が安全性を意識しているプラン選びをしようと思っているのに、大部屋しか選択でき無い上に同性の参加者が居ない合宿免許に参加してしまったとした失敗だと言って良いでしょう。

これらの状況は事前に察知できるものもあれば出来ないものもあります。ただ、少なくとも「絶対に避けたい状況」に関しては避けるための努力をすることが大切です。