失敗しない免許合宿の選び方について

免許合宿を実施している自動車教習所は日本全国にあり、地元にある教習所でなければどこでも好きな所を選ぶことができます。基本的に教習の内容や検定基準などは日本全国の教習所で全て共通ですが、合宿で滞在する宿泊施設の部屋タイプやグレード・食事内容・宿泊施設と教習所の移動手段などの条件はそれぞれの合宿プランによって異なります。地方の教習所では地元の観光名所やレジャー施設が利用できたり、無料で温泉施設が利用できたりする特典が付いている場合があります。費用についても20万円程度から、30万円を超えるような高級プランまでさまざまです。カタログやインターネット上のサイトを見比べて免許合宿のプランを選ぶ際には、必ず押さえておきたいポイントが幾つかあります。

必ず押さえておきたいポイント-宿泊施設と教習所までの距離

免許合宿で使用する宿泊施設は、教習所が所有・管理する専用の施設(合宿所)と、一般のホテルや旅館などを利用するケースがあります。いずれの場合でも必ず押さえておきたい項目は、宿泊施設と教習所までの移動手段です。距離が離れている場合にはスクールバスが利用できる場合がほとんどですが、多くは朝と晩のみの運行となっています。このような場合には一日中教習所に滞在することになってしまい、空いた時間に部屋で過ごすことができません。宿泊施設が教習所の徒歩圏内にあれば、いつでも好きな時に部屋に戻ることができます。免許合宿は短期間に集中して教習を受講しますが、それでもかなりの空き時間ができてしまいます。教習が朝と夕方だけ、という日も存在するのです。ですから部屋の設備だけでなく、宿泊施設と教習所の位置についてもきちんと確認するようにしましょう。合宿所が校舎と隣接している事を売りにしている教習所もあるほどです。

教習所・宿泊施設の周辺環境もチェック

免許合宿は短期間で運転免許を取得することが目的なのだから教習以外は関係ない、と考える人もいるかもしれません。それでも教習には空き時間が出来てしまい、空いた時間の過ごし方を考えておく必要があるのです。最初の方は学科のテキストを読んで練習問題を解くなどして空き時間を有効に活用できますが、後半になると学科の勉強も飽きてしまい、どうしても暇な時間を過ごす手段が必要になります。しかも教習を受けるだけでは体を動かさないので運動不足になりがちです。空いた時間を過ごすためにタブレット端末やノートパソコンでネットができるように無線LAN環境が整っている教習所や、周辺の観光スポットを散策できるような免許合宿のプランを選ぶようにしましょう。中には無料または割引料金でレジャー施設やスポーツジム、温泉施設が利用できるようなプランもあります。短期とはいえ2週間以上も過ごすわけですから、快適性も考慮する必要があります。